フォトブックのメリットとデメリット!アルバムとどっちがいい?の答え

思い出の写真をいつでも見返せるように現像して整理したいけど、フォトアルバムにするかフォトブックにするか迷っていませんか?
どちらも一長一短あるのでとても迷うところだと思います。

当サイトでは「フォトブック」での写真整理をおすすめしていますが
フォトアルバムとの違いやメリットデメリットを知ってから、自分にあった方を選ぶのが好ましいです。

この記事は、フォトブックとフォトアルバムで迷っている人が両者の違いを知り、どの方法で写真整理をして行くのかを決めることができることを目的としています。

フォトアルバムとフォトブックの違い

フォトアルバムとは

フォトアルバムは、写真屋さんで現像した写真を収納するアルバムです。

  • ポケットタイプ
  • 台紙に挟むタイプ

など、アルバムにもいくつかタイプがあります。
フォトアルバムで写真管理をする手順は下記のような感じです。

  1. 撮影した写真データを現像・印刷する
  2. フォトアルバム本体を購入する
  3. 現像した写真をフォトアルバムにひとつずつ入れる

ちなみに上の写真ではナカバヤシ 布クロスアルバム Terracottaを利用しています。

 

フォトブックとは

フォトブックは、自分で撮った写真を書店で売っている本のようにまとめることができる写真集です。
スマホやパソコンから事前に編集すると、フォトブック業者が製本して自宅まで送ってくれます。

すみれ
編集とか写真集って聞くと「難しそう!」って思う人が多いけど、実際に作ると意外と簡単でびっくりすると思います。

配置する写真のサイズや形や枚数を自由にカスタマイズできるフォトブックもあり、まさに思いのままの写真集が作れることから愛用者は多いです。

上の写真はビスタプリントというフォトブックです。

 

フォトアルバムとフォトブックのメリットとデメリットを比較

フォトアルバムとフォトブックのメリットとデメリットをまとめました。

メリット デメリット
フォトブック 薄くてコンパクト
センスに依存せずおしゃれに仕上がる
写真サイズ・配置を自由に変更可能
文字が入力できる
1枚1枚収納の手間がかからない
後から写真を追加できない
スマホかPCが必要
フォトアルバム 簡単に作成できる
後から写真を追加できる
厚めでかさばる
アルバムは自分で用意する

 

フォトアルバムとフォトブックの収納力を比較

同じ大きさのフォトアルバムとフォトブックだったら、収納力はフォトブックの方が上です。
したがって、同じ枚数の写真を収納するとしたらフォトブックの方がコンパクトになるということです。

左のフォトアルバムは240枚の写真を収納できるタイプのものです。
右のフォトブックは見開き1ページに21枚配置していますが、このレイアウトで作っていくと483枚の写真が入ります。(見開きで23ページある)

写真が小さいと感じるかもしれませんが、かなり高画質なので実物を見るとちょうど良いくらいです。むしろL版の写真が大きく感じるくらい。
これでは小さすぎるという人は大きく配置できます。
わたしも、特にお気に入りのショットは大きくしたりしています(*´꒳`*)

厚さの違いはこんな感じ。
全く同じページ数ではないので厳密に比較できませんが、フォトブックの方が1ページあたりが薄いのでコンパクトです。

 

フォトアルバムとフォトブックの作成しやすさと手間を比較

手順 フォトアルバム フォトブック
写真データを現像・印刷する 写真データを用意する
フォトアルバムを買う -
1枚1枚の写真をアルバムに入れる フォトブックを編集する
完成 完成

作成しやすさには「手間」と「難易度」があります。

手間という点では、フォトブックは編集・注文したら到着を待つのみなので楽です。

難易度という点では、フォトブックはスマホやパソコンの操作があるので慣れていない人には難しいかもしれません。
ただ一度作れば誰でも覚えられるので、慣れの問題だとは思います。

 

後から写真を追加したり入れ替えたりできるのはフォトアルバム

フォトブックのデメリットは一度作成したら、そのフォトブックにはもう新しく写真を追加できないことです。

一方、フォトアルバムならまだページが残っていさえすれば、同じアルバムに写真を追加することができます。
ページが残っていなかったら追加できませんが、写真を入れ替えることはできます。

 

仕上がりが綺麗でおしゃれなのはフォトブック

仕上がりが断然おしゃれなのはフォトブックです。
余白部分の背景をかわいい壁紙に変えることもできますし、スタンプや文字を挿入することも可能です。

フォトアルバムは必ず透明のフィルムが写真の上に来るのでピカピカ反射してしまいますが、フォトブックではその心配もありません。

 

おすすめはフォトブック!だけど・・

当サイト管理人のわたしはフォトブックで写真を整理しています。
フォトブックを選んだ大きな理由は、「仕上がりの綺麗さ」と「収納力」です。

家族や友人との思い出をできるだけコンパクトに・綺麗な形で残したいと思っている人は、断然フォトブックがおすすめです。

フォトブック派のわたしですが、フォトアルバムも利用するシーンがあります。
それは、息子が通っている保育園から購入した写真の収納です。

写真として印刷されて届くので、そのままフォトアルバムに収納しています。
デジタルなデータでもらえるのが1番嬉しいですが、こればっかりはしょうがないですよね・・。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事もよく読まれています

1

ビスタプリントは、しっかりとしたハードカバーのフルフラットフォトブックが安く作れるのが魅力です。 わたしも実際にビスタプリントでA5サイズのフォトブックを注文したことがありますが、完成したフォトブック ...

2

しまうまプリントは、フォトブックが簡単に格安で作成できると口コミで評判の良いサービスです。 \36ページの文庫サイズが198円/今すぐしまうまプリントでフォトブックを作るオンラインで簡単編集!写真デー ...

3

マイブックはアスカネットが運営するフォトブック作成サービスです。 サイズや表面加工やテンプレートの種類が豊富で、数あるフォトブックの中でも思うままの作品が作れるのが魅力。 フォトブックといえばマイブッ ...

4

ALBUS(アルバス)は毎月8枚のスクエア写真が無料(送料は216円かかる)でもらえるサービスです。 招待コードクーポン「GWY8H」を入力すると、毎月もらえる写真が1枚増えます。無料の上限は15枚ま ...

5

「1冊にたくさんのお気に入り写真を入れて、とっておきのフォトブックを作りたい!」 誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか? 1冊にたくさんの写真を入れるには、以下のようなフォトブックを選ぶ必 ...

-フォトブックの作り方

Copyright© フォトブックずかん , 2019 All Rights Reserved.