口コミと体験談

【Photoback口コミと評判】メリットとデメリット

フォトブック作成サービス「Photoback」を使えば、フォトブックを初めて作る人をはじめ、誰にでも簡単におしゃれなフォトブックが作れます。

Photobackの公式サイトを見る

この記事では、Photobackのメリット・デメリットと作り方のコツなどをまとめています。

Photobackのフォトブックは7種類ある!おすすめサイズと料金

Photobackは、製本方法とサイズの違いで7種類のフォトブックがあります。さらに、ページ数に応じて料金も違います。

いちばん安いものでは1000円から作成できます。

製本方法 色数 作成 料金
FOLIO
(186×186mm)
合紙製本 6色印刷 パソコン
スマホ
16ページ6600円〜
ROUGH
(150×150mm)
パソコン
スマホ
16ページ1600円〜
POCKET
(90×128mm)
パソコン
アプリ
16ページ1000円〜
GRAPH
(186×248mm)
くるみ製本 パソコン
スマホ
48ページ5610円〜
LIFE
(148×210mm)
パソコン 24ページ3086円〜
BUNKO
(108×144mm)
パソコン 36ページ2581円〜
ALBUM
(120×120mm)
4色印刷 パソコン
アプリ
36ページ1800円

 

第一位:LIFE(ライフ)

LIFEがおすすめなのはA5相当というサイズです。

A5は大きすぎず小さすぎずちょうどいい定番サイズです。本棚などに置いて本のように気軽に見返せるので、家族の日々の写真や旅行のアルバムを作るのにぴったりです。

他の業者のフォトブックともサイズが合うので保管しやすいというメリットもあります。

また、最大ページ数が120ページと多いのも特徴です。ページ数が多いフォトブックはそう多くはないので貴重です。

>>LIFEを公式サイトで見る

 

第二位:FOLIO(フォリオ)

FOLIOは、ずっしり重厚感があるフォトブック。結婚式や七五三など特別な記念や大切な瞬間を残すのに最適です。

Photobackの中で唯一専用ケースが付いています。長期保存にも安心ですね。

合紙製本で綴じられているので、折り目をつけなくてもパタッと大きく開くのも魅力的です。

>>FOLIOを公式サイトで見る

第三位:GRAPH(グラフ)

GRAPHは国内最大級の大きさのフォトブックです。

高性能のカメラで撮った写真や、絶景ポイントで撮った迫力のある写真のアルバムに最適です。

また、大人数がうつった写真でも顔が見えやすいというメリットもあります。参列者の多い結婚式の集合写真などにも使えますね。

>>GRAPHを公式サイトで見る

 

合紙製本とくるみ製本の違い

合紙製本のフォトブック

合紙製本は、卒業アルバムなどにも使われる製本技術です。フラットに見開くのでパノラマ写真にも最適。

種類 FOLIO(フォリオ) ROUGH(ラフ) POCKET(ポケット)
サイズ 186×186mm 150×150mm 90×128mm
料金 16ページ6600円
24ページ7600円
36ページ9400円
16ページ1600円
24ページ2400円
36ページ3600円
16ページ1000円
24ページ1400円
36ページ1800円
作成 パソコン
スマホ
パソコン
スマホ
パソコン
アプリ

くるみ製本のフォトブック

くるみ製本は、書籍のような製本方法。ペラペラめくれます。

種類 GRAPH(グラフ) LIFE(ライフ) BUNKO(ブンコ) ALBUM(アルバム)
サイズ 186×248mm 148×210mm 108×144mm 120×120mm
料金 48ページ5610円
72ページ6877円
96ページ8134円
120ページ9400円
24ページ3086円
36ページ3581円
・・・
120ページ6600円
36ページ2581円
48ページ2810円
・・・
96ページ3734円
36ページ1800円
作成 パソコン
スマホ
パソコン  パソコン パソコン
アプリ

 

Photobackのフォトブックは高品質

Photobackのフォトブックはおしゃれなだけではありません。紙質、画質、厳しい品質テストにもこだわりがあります。

Photobackの紙質

写真集でよく使われる光沢紙は写真の質感が薄れてしまうことから、Photobackでは上質で落ち着いたマット紙を使用。

プリンターとの相性や、めくり心地などのバランスを考えて紙を選んでいます。フォトブックの種類によっても使っている紙が違うという徹底的なこだわりぶりです。

Photobackの画質

Photobackでは、4色印刷と6色印刷の2つの印刷方法を採用。

4色印刷・・・CMYK(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)を組み合わせて色を表現。
6色印刷・・・さらに、LC(ライトシアン)LM(ライトマゼンタ)が加わり、人物の肌や風景のグラデーションをより自然に表現。

紙によって色の出方が異なるので、フォトブックの種類によって色調整をしています。

Photobackの厳しい品質テスト

Photobackでは新規商品開発のたびに厳しい品質テストを繰り返しています。

耐久テスト、通紙テスト、温度・湿度テストなどを全てクリアしたものがPhotobackのフォトブック。

「フォトブック業者にとっては何百冊中の一冊であっても、ユーザーにとっては手元に届いたPhotobackが唯一のもの。」という考え野本厳しい品質テストを行なっているようです。

【体験談】Photobackのフォトブックを作ってみました

A5サイズのLIFEで日常写真のフォトブックを作成

我が家では半年に1度、家族の日常写真でA5サイズのフォトブックを作っています。
PhotobackのLIFEは最大120ページまで増やせるので、ページ数を最大限まで使って作りました。

PhotobackのLIFEの1ページ

PhotobackのLIFEの1ページ

 

スクエアサイズのRoughで誕生日記念フォトブックを作成

息子の3歳記念に写真スタジオで撮影をしました。そのときの写真をまとめたフォトブックがこちらです。

Roughの表紙

Roughの表紙

Roughは15×15cmというサイズ、180度ぱたんと開くフラットタイプでギフトにもちょうど良いと思い選びました。

表紙全体

表紙全体

見開きページ

見開きページ

36ページで厚さは6mm

36ページで厚さは6mm

背表紙

背表紙

夫とわたしの両親にも同じものを作ってプレゼントしたのですが、とても喜んでもらえました。

 

Photobackのフォトブックの作り方と注文方法

  1. Photobackに公式サイトで会員登録する
  2. マイページで新しくブックを作る
  3. 写真をアップロードして編集する
  4. 編集内容を確定して注文する

1.Photobackのフォトブック作成には無料会員登録が必須

Photobackの公式サイトから登録できます。

会員登録は無料です。

2.スマホ、アプリ、パソコンのPhotobackマイページから新規ブックを作成

マイページにログインして新しいブックを作成するとフォトブックの編集ができるようになります。

Photobackのフォトブックには7種類ありますが、それぞれ作成デバイスが決まっています。

スマホから作れるPhotoback

FOLIO、ROUGH、GRAPHがスマホから作れます。

アプリから作れるPhotoback

POCKET、 ALBUMがアプリから作れます。

パソコンから作れるPhotoback

すべてのフォトブック(FOLIO、ROUGH、POCKET、GRAPH、LIFE、BUNKO、ALBUM)がパソコンから作れます。

3.編集でできること

レイアウトを決めたり、文字を挿入したり、表紙やタイトルを決めたりできます。

4.編集内容を確認して注文する

確認を完了して注文に進むをクリックするとカートに入ります。

購入手続きをして完了です。

Photobackの送料

一回につき5000円以上の注文で送料は無料です。

5000円未満の場合は

配送方法 ゆうパック クロネコDM便
送料 477円 172円

Photobackの支払い方法

支払い方法 クレジットカード 後払い 代引き
手数料 なし 190円 300円

 

類似サービスとの比較!

品質 作成しやすさ 価格
Photoback
とても良い

Web

やや高め
マイブック
とても良い

ツール必須

やや高め
カメラのキタムラ(フォト本)
良い

Web

やや高め
しまうまプリント
普通

Web

安い
tolot
価格相応

Web

安い

 

Photobackでフォトブックを作るメリットとデメリット

Photobackフォトブックのメリット

  • 誰にでもおしゃれなフォトブックが作成できる
  • 直感的な操作でかんたん
  • 注文したデータはマイライブラリに無期限保存

 

Photobackフォトブックのデメリット

  • 価格は高め
  • たくさんの写真を詰め込むには不向き

Photobackのまとめ

Photobackは、思い出をしっかりと形にして残したい人にはかなりおすすめのフォトブックです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事もよく読まれています

1

ビスタプリントは、しっかりとしたハードカバーのフルフラットフォトブックが安く作れるのが魅力です。 わたしも実際にビスタプリントでA5サイズのフォトブックを注文したことがありますが、完成したフォトブック ...

2

年賀状は「安い」「かんたん」「きれい」なネット印刷で作るのが断然おすすめです♪ 時間をかけて自宅で印刷している年賀状も、専門業者に頼めば安い価格であっという間に完成! 特に年賀状印刷をネット注文すると ...

3

しまうまプリントは、フォトブックが簡単に格安で作成できると口コミで評判の良いサービスです。 \36ページの文庫サイズが198円/今すぐしまうまプリントでフォトブックを作るオンラインで簡単編集!写真デー ...

4

マイブックはアスカネットが運営するフォトブック作成サービスです。 サイズや表面加工やテンプレートの種類が豊富で、数あるフォトブックの中でも思うままの作品が作れるのが魅力。 フォトブックといえばマイブッ ...

5

ALBUS(アルバス)は毎月8枚のスクエア写真が無料(送料は216円かかる)でもらえるサービスです。 招待コードクーポン「GWY8H」を入力すると、毎月もらえる写真が1枚増えます。無料の上限は15枚ま ...

6

「1冊にたくさんのお気に入り写真を入れて、とっておきのフォトブックを作りたい!」 誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか? 1冊にたくさんの写真を入れるには、以下のようなフォトブックを選ぶ必 ...

-口コミと体験談
-,

Copyright© フォトブックずかん , 2019 All Rights Reserved.